紅灯のハンタマルヤ

作品紹介

19世紀初頭――長崎。鎖国下の日本において唯一、西洋との貿易が許された地。異国から様々なモノが入ってくる出島は、時として「人ならぬ怪異」をも招き入れた…! 丸山遊郭の菊花太夫(きっかたゆう)と3人のかむろたちが長崎に仇なす人外(ヴァンピール)を討つ! 妖(あやかし)の長崎怪異記!

この作品を
友達に知らせる

お知らせ

  • 2021.12.24

    月刊少年シリウス2月号(12/24発売)より新連載スタート!!